外来のご案内

診察対象となる症状

基本的には、「かかりつけ医」として、どのような症状も診察させていただきます。また、必要に応じて「訪問診療(耳鼻いんこう科往診あり)・訪問リハビリ」も承ります。

《内科》
  糖尿病、高血圧、高脂血症、骨粗鬆症等の生活習慣病、慢性肝炎、
  痛風、リウマチなどの慢性疾患の管理、かぜ、頭痛、胃腸炎、下痢、便秘、貧血など
《外科》
  外傷、皮下腫瘤摘出、巻き爪の手術等局所麻酔で行える手術、五十肩、腰痛、膝痛の治療など 
《耳鼻いんこう科》
  ・耳疾患 耳痛、耳鳴り、めまい、難聴、補聴器相談など
  ・鼻疾患 鼻づまり、アレルギー性鼻炎(花粉症)、副鼻腔炎(ちくのう)、鼻茸、においの異常など
  ・喉の疾患 発熱・喉の痛み等の感冒、いびき、声がれ、血痰、咽頭癌の早期発見など
  ・その他 口腔・舌の異常、顔や頚部の腫れ、顔面神経麻痺、小手術、トリクロール酢酸塗布療法など 
《リハビリテーション科》
  脳血管障害、後遺症や整形疾患において身体が不自由になられた方など、
  医師の指示のもとに、その方の症状や運動機能に合わせた機能訓練をします。

 ※症状がなかなか治らない方、お悩みの方は一度お越しください。丁寧にご説明させていただき診察いたします。

かぜ症状のある方へ

急な発熱(38.0℃以上)と咳やのどの痛みなどの症状がある方は、事前に電話でのご相談をお願いいたします。
受診の際は必ずマスクの着用にご協力ください。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

診察・検査の進め方

【診察から会計まで】 
(1)受付
  お渡しする診療申込書に必要事項をご記入のうえ、保険証、紹介状等を添えてご提出ください。
 (なお、毎月1回目の受診時や保険の変更があった場合には、保険証を必ずご持参ください。)
(2)診察
  順番が参りましたら、看護師がお呼びいたします。受付にてご案内いたします外来診察室付近でお待ちください。
(3)会計
  診察が終わりましたら会計にてお名前をお呼びいたします。受付にてお待ちください。
 会計の際には、内訳の記載された領収証を発行しております。(なお、お薬代は含まれておりません。)
(4)お薬
  お薬が処方されている場合は、院外の保険調剤薬局に、「処方箋」をご提出いただき、会計を済ませた後にお受け取りください。

療法のご説明

※事前にご連絡をお願い致します。

トリクロール酢酸塗布療法

小学校高学年以上の鼻づまりや鼻水、くしゃみなどでお困りの患者様に対して、
鼻の粘膜にトリクロール酢酸という薬を塗って症状を軽くさせる療法を行っております。
効果はだいたい半年から2~3年です。
外来で行える保険適用の治療です。

ボツリヌス療法

・ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質を有効成分とする薬を、筋肉内に注射する治療法です。

 筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。その為に注射すると、筋肉の緊張を和らげることができます。

 ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、感染する危険性はありません。詳しくはこちら       

予防接種について

当診療所の予防接種は、お電話または外来受付にて、予約で行っております。

≪任意接種≫

・風疹(大人) 7500円
・破傷風 1回目5000円、2回目3000円、3回目1000円
・二種混合 6500円
・おたふく(1歳から) 5500円
・水痘(1歳から) 8000円
・肺炎球菌ワクチン 8000円
・MR 10000円

※表示金額は全て税込みです。

お問い合わせ:049-287-6519


日帰りドック

当診療所では、皆様の全身の健康状態を点検・管理のお手伝いをさせて頂きます。

主な検査項目

身体計測
身長、体重、肥満率、体脂肪率、聴力、視力、血圧
血液一般検査
白血球、赤血球、血小板、血色素(ヘモグロビン)、血清鉄、電解質(カリウム・ナトリウム・クロール)、電解質(カルシウム・無機リン) 血液像
免疫血清反応
HBS抗原、HCV抗体、梅毒反応、CRP
血液型
ABO式、Rh法(初回受診のみ)
呼吸器系(肺)
胸部レントゲン撮影、肺機能
循環器系(心臓)
血圧、心電図、血清脂質(コレステロール・HDLコレステロール・LDLコレステロール)、中性脂肪、眼底検査
胃・十二指腸
食道、胃、十二指腸内視鏡検査
肝臓
血清蛋白、アルブミン、AG比、蛋白分画、総ビリルビン、GOT・GPT・LDH・ALP・ZTT・γGTP、コリンエステラーゼ、腹部超音波検査
糖尿病
血糖、尿糖、アミラーゼ、ヘモグロビンAlc
泌尿器
検尿一式、尿素窒素、尿酸、クレアチニン
大腸
検便(潜血反応)
オプション料金(別料金)
腹部超音波検査、動脈硬化検査、直腸診、前立腺特異抗原(PSA)